痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

日傘|ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 日傘

脱毛サロンDione 新大阪店

日傘

2018/08/20 12:41

日傘の目的は、暑さを緩和することと紫外線を防ぐためですね。

 

暑さ対策を第一に考えるなら、遮光率の高いものを選ぶ必要があります。
日傘の生地は熱がこもりにくい綿や麻、色は白やレースデザインが通気性も良く見た目に涼しいです。
白は熱を反射するので日傘自体も熱くなりにくいです。

 

 

☆UVカットを重視する場合

白と黒の日傘があったとしたら、何となく黒い方が紫外線防止効果があるような気がしませんか?
半分正解です。

白は紫外線を反射して防ぐのに対し、黒は紫外線を吸収して防ぎます。

白も黒も、100%完全に防げるというわけではないのですが、白にくらべると黒の方が断線紫外線防止率は高いです。

ならやっぱり白は駄目なのかと思われるかもしれませんが、最近の日傘はUVカット加工がされています。
要するに、表面の色は白でも黒でも、UVカット加工がされていれば大した差はありません。

 

問題は日傘の内側の色です。
紫外線は降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも攻撃してきます。
内側の色が白に近いと、照り返してきた紫外線を更に反射します。
結果、日傘の内側で紫外線を浴びてしまうことになります。
表面の色は気にしなくてもOKですが、内側の色はなるべく黒に近い物が良いでしょう。

最後に、UVカット加工の効果は2、3年と言われているので注意が必要です。
お気に入りの日傘でも長年使用しているUVカットの日傘は買い換えたほうがよさそうです。

脱毛サロンDione銀座数寄屋橋店はこちら

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 日傘


夏の肌ダメージゼロ美顔脱毛
デリケート部も痛くない気軽に試せるVIO脱毛
選べるワガママ脱毛体験
子供脱毛
ハイパー光フェイシャル
針を使用しないので痛くない!ノン・ニードル水光注射 DiNa
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!