痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

軟水と硬水の違い|ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 軟水と硬水の違い

脱毛サロンDione 新大阪店

軟水と硬水の違い

2018/02/22 12:11

私たち日本人は水道水や市販のミネラルウォーターなどで軟水を好んで飲むことが多いです。
硬水は飲みにくいといわれがちですが他にどんな違いがあるかご存じですか?

水にはマグネシウムとカルシウムといったミネラルが含まれており、1リットルあたりの有含量で硬度が決まります。

WHO(世界保健機関)の基準では、

軟水・・・硬度120ml/l以上の水

硬水・・・硬度120ml/l未満の水

というように分類されています。

簡単にいうと、マグネシウム・カルシウムの含有量が多いものが硬水で、少ないものが軟水と分類されます。

≪軟水の効果≫
・デットクス
・美肌効果

身体への吸収率が高い軟水は、日本人の口に合っていて飲みやすいのが特徴。胃にも負担がなく普段の水分補給にはこちらがオススメ。
デトックスを重視するなら軟水の中でもかなり硬度の低い水を選ぶのがオススメです。
風味を邪魔しないので、料理に使うのにも軟水の方が適しています。

≪硬水の効果≫
・脂肪の吸収の抑制
・便秘解消
・代謝の促進

口当たりは重いのですが軟水よりもマグネシウム、カルシウムが多いのでミネラル補給にもなります。
脂肪燃焼や脂肪の吸収を抑えてくれるなど、実はダイエットの強い味方なのです!
含まれているマグネシウムは便を柔らかくしてくれる作用があるので、便秘になりやすい方は夜寝る前や朝などに白湯として飲むのもオススメです。

これからのシーズンに向けてスタイルが気になる方は硬水も意識してみるといいかもしれません(^^)

脱毛サロンDione銀座数寄屋橋店はこちら

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 軟水と硬水の違い


夏の肌ダメージゼロ美顔脱毛
デリケート部も痛くない気軽に試せるVIO脱毛
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!
子供脱毛