痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

日焼け止め|ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 日焼け止め

脱毛サロンDione 新大阪店

日焼け止め

2019/08/26 12:00

日焼け止めは、まず初めに顔用かからだ用か確認します。基本的に顔用の方が低刺激に作られていますのでからだ用を顔に使用するのは避けましょう。顔用をからだに使用するのは全く問題ありません。

去年開封をして余っている日焼け止めは使用をおすすめしません。
日焼け止めを化粧品の一部として考えると、化粧品は未開封で3年・開封後は1年を期限としています。

空気中の雑菌の混入など品質が低下している可能性があるからです。

肌荒れの原因になってしまう恐れもあるため、日焼け止めはシーズンごとに使い切るようにしましょう

日焼け止めに表示されているSPF・PAは、紫外線から肌を守る指数や効果を示しています。通勤やレジャー、などその時の状況によって使い分けることで、肌の負担を最小限に抑えて紫外線から肌を守ることができます。

SPFは、紫外線防御指数とも呼ばれており、日焼けや肌に炎症を起こしてしまう紫外線UV-Bを防ぐ効果があります。 1SPF=20分間、肌を紫外線UV-Bから守ってくれる効果があるのでSPF25であれば
20×25=500分⇒8時間20分と肌を紫外線UV-Bから守ります。

SPF値は現在50+が最高です。
また、肌に日焼け止めを塗り重ねた場合は、最も高い日焼け止め効果のある数値になります。決してプラスになるわけではありません。
SPFは、数値が高いとそれだけ乾燥し、肌に与える負担が大きくなります。UV-Bは直接日光に当たることを避けるだけでもある程度は防げるため、普段屋内で仕事をされる方などはSPFの数値は10~30くらいでも問題ないでしょう。

PAは、肌老化の原因である紫外線UV-Aを防ぐ効果があります。このUV-Aは、雲やガラスをすり抜けやすく肌の奥まで届く紫外線のため、天候や場所にかかわらず対策が必要です。

PA値には、PA+~PA++++ までの段階があり、+が多いほど効果が高いことを表します。日常の生活であればPA+~++ くらいで問題ありません。
紫外線は年中降り注いでいるため、紫外線対策は必要不可欠です。下地に日焼け止めの効果があるものでも全く問題はありませんが、日中の皮脂や化粧崩れなどによって落ちてしまうことは多々あります。

紫外線を防ぐためにもできる限り、日焼け止めは単体で使用することをおすすめします。

脱毛サロンDione銀座数寄屋橋店はこちら

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 日焼け止め


夏の肌ダメージゼロ美顔脱毛
デリケート部も痛くない気軽に試せるVIO脱毛
選べるワガママ脱毛体験
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!
子供脱毛
ハイパー光フェイシャル