痛くない脱毛!ハイパースキン脱毛 脱毛サロン ディオーネ 大阪・東京・全国120店舗

大阪・東京・全国120店舗のご予約はこちら

大阪・東京・全国120店舗のサロンを探す

紫外線|ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 紫外線

脱毛サロンDione 新大阪店

紫外線

2018/09/03 12:19

紫外線の強い季節です。

太陽の恵みはありがたいものですが、紫外線へのUVケアは今や常識となりました。
紫外線によって、肌が赤くなる(火傷)や黒くなる(日焼け)は誰もが経験しています。それらを繰り返していると、いつかシミやシワ、たるみとして表面化するのも常識化しています。このように、UVケアの大切さを納得・実感するようになると、紫外線防止効果の高いものを使いたくなるのはごく自然なことです。

この時、よく目安にされるのが、SPF値やPA値です。

SPF値(紫外線防御指数)
紫外線の中でも破壊力の高い短波長のUVB波、この防御効果を現す指標で、ほぼ世界共通の指標となっています。
UVB波を浴びると赤みを帯びた火傷症状になり、肌荒れ、乾燥、シミの原因となります。

PA値(UVA防御指数)
長波長の紫外線UVA波の防御指数で、日本独自のもので、最近はSPF値よりこちらの値を重視する傾向が強くなりました。

UVA波は黒化(日焼け)とシミ、シワ、たるみの主たる原因です。

現在、指数はPA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階あり、黒化を遅らせる(防御の)能力を表す。PA+は2~4倍遅らせる、++なら4~8倍、+++は8~16倍、++++は16倍以上というわけです。

しかし、数値の高い製品を使っていたのに、日焼けをしてしまった!などといった声が聞かれます。
実際の使用において、紫外線防御能は値通りにはならない。

どういうことでしょう。
汗で落ちたりします。

ですので、化粧(UVケア)直しを怠らないこと

あまり長時間のUV防止は期待できない、しかも化粧崩れによる防御能の低下を防ぐとなれば、化粧直しを怠らないようにすればいいのです。紫外線が特に怖いのは昼間だから、1~2回のメンテナンスで事足ります。
UV防止能を強化したい時はUVケア製品を重ねる
SPF50とか、PA+++などです。数値の高いものは、スポーツ時や特別な外出時などに適しています。

ただし、連日高い数値のものの使用は気をつけましょう。こういった製品はウォータプルーフが多いので、継続して使用すると、乾燥肌、敏感肌になりやすくなります。

数値に頼るのではなく、適切なタイミングで化粧直しをする習慣、紫外線とつきあう程度によって、UVケアを重ねるといった習慣を身につけることの方が大切なのです

脱毛サロンDione銀座数寄屋橋店はこちら

ハイパースキン脱毛専門サロンDione銀座数寄屋橋店 > 未分類 > 紫外線


夏の肌ダメージゼロ美顔脱毛
デリケート部も痛くない気軽に試せるVIO脱毛
選べるワガママ脱毛体験
子供脱毛
ハイパー光フェイシャル
針を使用しないので痛くない!ノン・ニードル水光注射 DiNa
Dione 脱毛無料カウンセリング&お試しショット実施中!